田瀬法律事務所の日記

2018年7月 5日 木曜日

土曜日は予約制となります

第1、第3土曜日の営業につきましては、完全予約制となります。

ご来所をご希望される方は、事前にご予約をお願致します。

メールでのご予約は、info@tase-law.comまでお願いします。

お電話でのご予約は、03-5468-3710迄お願いします。

投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士) | 記事URL

2017年6月26日 月曜日

7月より土曜日も営業いたします

平成29年7月1日より、第1、第3土曜日の法律相談が可能になりました。

予約制となりますので、ご希望の方はご連絡をお願い致します。

メールでのご予約は info@tase-law.com

電話でのご予約は 03-5468-3710です。

投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士) | 記事URL

2015年5月28日 木曜日

水商売の女性に対する不倫慰謝料

ここ数ヶ月日記の更新をしておりませんでした。
日々の業務に追われ、なかなか日記が更新できずにおりましたが、本日の新聞でネタになりそうな記事を見つけましたので、それを題材として日記を更新します。
新聞記事の概要は次のようなものです。

1 夫が行きつけのクラブのママと不倫をしたので、妻がクラブのママに約400万円の慰謝料の請求をした。
2 裁判所は、クラブのママが客と不貞行為をすることは、いわゆる「枕営業」であり、それは売春と同じである。
3 売春の場合、対価(代金)は店や売春婦に直接金銭の形で支払われるが、クラブママの枕営業の対価は飲み代に間接的に含まれる。
4 そうすると風俗店などで売春をする場合と枕営業の場合との違いは対価が直接か間接かの違いであり、売春の場合は売春婦に慰謝料請求出来ない理屈が枕営業の場合も当てはまる。
5 よって、クラブママが枕営業した場合、妻はクラブママに不倫慰謝料の請求はできない。

この判決は第一審(地方裁判所)の判決で、クラブママが控訴せずに確定したとのことです。
クラブママが控訴した場合、この結論が維持されたかどうかは大いに疑問です。
当方はこの判決は、社会の実態を知らない裁判官が頭の中で論理を組み立てて書いた判決だと思います。
裁判官は、まず銀座などのクラブに行ったことはないと思います。
当方は、最近は仕事が忙しくて行けませんが、以前はそのような店が好きな先輩弁護士によく連れて行ってもらいました。
ただ、当方はあまりお金を持っていないと思われたのでしょうか(笑)、枕営業を持ちかけられたことはありません。
クラブ、スナックなどのママやホステスが枕営業を持ちかけるという話自体は聞いたことがあり、実際にそのような経験をした人からも話を聞いたことがあります。
しかし、この判決を下した裁判官は、クラブママやホステスの多くは積極的に枕営業をするものと決め込んでおり、それは彼女らに対し、非常に失礼なことだと思います。
また、風俗店の女性は客である男性が来店した場合は性行為ないし性行為類似行為を拒否できませんが、クラブママやホステスは客からそのような申し出があっても拒否できます。
そのような立場の女性が、枕営業であるかどうかはともかく、客の男性と不貞行為をした場合、男性の妻はクラブママやホステスに対し当然慰謝料請求ができると思います。
そのような立場の女性であれば、露骨に枕営業トークをして客を誘うことは考えられず、内心はともかく、客の男性が好きになったくらいのことは言うはずです。
判決を下した裁判官は、その辺りの女性の心の機微を全くわかっていなかったと思います。
但し、クラブママやホステスが慰謝料の支払義務を負うとしても、それは水商売でない一般の女性の場合と全く同じではありません。
どのくらいの割合になるかは、物差しがある訳ではありませんが、当方は半額くらいだと思います。

投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士) | 記事URL

2014年12月26日 金曜日

今年ももうじき終わります

10月くらいからお陰様で新規の依頼案件が増えてきたため、その処理に追われてなかなか日記の更新ができませんでした。
そうしているうちに年末となり、本日の午前をもって今年度の事務所の営業終了日を迎えてしまいました。
日記を更新してない間中、ずっと日記のことが気になっていたのですが、優先すべきは日常の業務であるため、
ついつい日記の更新がおろそかになってしまい、そのことは当方の時間の使い方の下手さの証明だと反省しております。
今年は大雨、噴火、大雪という自然の驚異が人々の安全を脅かした年だったと思います。
3年前の東日本大震災のような数百年規模の大災害こそありませんでしたが、
全国で大きな自然災害が発生し、多くの貴重な人命が失われ、また多くの人々が不自由な生活を余儀なくされました。
生活面では、株価こそ高値が続き、一見アベノミクスがうまく行っているようですが、アベノミクスの恩恵を受けている人は一握りの人たちに限定されており、
多くの一般庶民はアベノミクスの恩恵に与ることができないのが現状のようです。
本日パソコンのでYAHOOのニュース画面を見ていたら、被正規雇用者数が2000万人に達したというニュースを報じておりました。
当方が学生だった30年以上前にはおよそ考えられないことで、この国の行く末が心配です。
なんだか暗いことばかり書いているようですが、来るべき新年は、良い年であることを心から祈って本年最後の日記の締めとさせていただきます。

投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士) | 記事URL

2014年11月27日 木曜日

高齢化社会の徒花

日々の雑用に追われ、しばらく日記の更新をしておりませんでした。
その間、政治ネタとしては、降って湧いたような衆議院の突然の解散、スポーツではテニスの錦織選手の活躍、芸能では昭和の名優高倉健さんの死去といった話題がニュースを賑わせましたが、社会ネタで今一番ニュースで取り上げられている話題は京都の女性が夫を毒殺したとして殺人容疑で逮捕された事件でしょう。
容疑者は全面否認しており、また容疑者が正式に起訴されることが決まっているわけではないので断定的なことは言えませんが、最初に結婚した夫を病気で亡くして以降、その後の3回の結婚ではいずれも夫が早い人で1ヶ月、遅い人でも2年で病死しており、その間に交際した複数の男性がいずれも不可解な病死を遂げているという、いかにもマスコミが飛びつきそうな事件です。
容疑者の女性はあと少しで70歳に手が届く高齢の女性で、特段綺麗なわけではなく、いわゆる普通の「おばさん」です。
数年前、関東地方と関西(山陰)地方で、ともに30代の女性が交際した複数の男性を殺害して財産を奪ったとして逮捕・起訴され、両名に死刑判決が下されました(両名はいずれも上訴して現在は上級審で審理中です)。
この2件とも、加害者とされた女性は容姿に全くと言ってよいくらい恵まれず、そのような女性がなぜ多くの男性と交際することができたのかが話題になりました。
そして両方の事件で浮き彫りにされたのは40代、50代の結婚を熱望するもそれが適わない男性の存在でした。
いずれの事件の容疑者も、そのような男性に巧みに接近し、甘い言葉を弄して男性の心を掴み、女性の本当の目的を悟られそうになると容赦なく殺害を繰り返していたもので、ある意味社会の断層を写していように思います。
今回の容疑者は、仮に疑惑を持たれている事実の半分でも本当だとしたなら、高齢化社会に咲いた徒花(あだばな)とでも言うべきものでしょう。
今回容疑者と結婚または交際中に死亡したと見られる男性の多くは70代以上で、配偶者を亡くしているものの、それなりの資産を持っている男性でした。
また、子や孫などの直系の親族がいても、親族の絆は薄かったようで、仮に疑惑の多くが真実だとすると、容疑者はその部分を突いたことになります。
高齢化社会が進み、高齢化した親を、これもまた高齢化した子が介護する老々介護の問題は以前から広く知られておりましたが、配偶者(多くは妻)を無くした高齢の資産家の男性に上手く取り入って、結果的に高齢男性の財産はおろか、その生命さえも奪い去る高齢化社会の徒花のような女性は今後増えるように思います。
本当に怖い世の中になったものだとつくづく思います。

投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士) | 記事URL

営業時間
月~土(土曜日は第1、第3のみ)
10時~17時
定休日
日、祝日

住所
〒150-0011
東京都渋谷区東3丁目15番7号
鶴間ビル3階
最寄駅
JR・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩7分
          渋谷駅   徒歩15分

お問い合わせ