田瀬法律事務所の日記

2013年8月29日 木曜日

飲食店での水のサービス

半年くらい前からランチで飲食店に行く度に気にすることがある。
それは、その店で出すサービスの水が直接水道水を使用しているかどうかという点である。
当方が小学生、中学生くらいのころは、ミネラルウォーターというのはホテルの超高級レストラン以外で口にすることは殆どなかった。
そのころは、コンビニがまだ発達しておらず、スーパーなどでもペットボトル入りの水は売っていなかった。
学校でも家でも喉が渇いて水を飲みたい場合は水道の蛇口にコップを近づけて、蛇口からコップに水道水を入れて飲んだものである。
ところが、今や水はお金を出して買う時代で、水を飲みたい場合はコンビニ、自動販売機などでペットボトルを買い求めるのが一般的であろう。
そういうことも相俟って、ランチは事務所近くの店で取る当方は、その店がどういう方法で水のサービスをしているかを常にチェックしている。
これについてはいくつかのパターンがある。
まず、ウォータークーラーを見える場所に置いている店で、このような店が出す水は間違いない。
一番多いのがテーブルに水さしを置いておくか、置いていない場合であっても店員を呼ぶと水さしを持って水を入れに来る店である。
その場合、その水さしの水が厨房内のウォータークーラーであれば問題ないが、厨房の全貌まで客席から見ることはできないので、水さしの水がウォータークーラーから注がれたものか、水道水から注がれたものかは判別することは難しく、そのような場合は、必要最小限の水しか飲まない場合が多い。
ただ、当事務所の事務局の女性から、一見蛇口から直接水さしに水道水を注ぐように見えたとしても、それが蛇口一体型浄水器であるかもしれないとの指摘があった。
彼女のご実家は和食店を営んでおり、その指摘はさすがにご実家が和食店を営んでいるゆえの指摘だった。
しかし、彼女の指摘を持ってしても、全ての飲食店の厨房がそのような設計になっているとは思えず、やはりそのようなやり方で水を提供する店に対しては全幅の信頼を置くことができない。
論外なのが客席から見える形で水道水の蛇口から水さしに水を注ぐ店である。
仮に当事務所の事務局の女性が言うように、それが浄水器が内蔵された構造の蛇口だったとしても、客に水道の蛇口から水さしに直接水を注ぐ様子を丸見えにしている点で、非常に厳しい意見かもしれないが、それは飲食店として論外であるとの判断をせざるを得ないと思う。
そのような店には、たとえ料理がどんなに美味しくても、二度と足を運ぶことはない。
知り合いの経営コンサルタントから聞いた話であるが、少しでも付加価値を付けるために、店の目立つ場所にウォータークーラーを設置して、その店は水のサービスはちゃんとウォータークーラーを使っていることを積極的にアピールすべきことをクライアントの飲食店に積極的に勧めているとのこと。
おそらく、当方のように、水がどうやって客の前に出されるかを注視している客も多いと思われる。
そのような客が、その店の水のサービスに問題ありとの判断をした場合、その客だけがその店に行かないだけではなく、その地域に客の自宅、職場がある場合、その何倍もの客がその店に足を運ばなくなる確率が高くなると、先のコンサルタントは言っていた。
「たかが水、されど水」なのである。

投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士) | 記事URL

2013年8月28日 水曜日

悪ふざけ投稿写真での損害賠償

連日、飲食店を中心に、店員(アルバイトを含む)が悪ふざけ写真をツイッターなどに投稿する事件が後を絶たない。
最近は、客がテーブルの醤油さしなどに口をつけた写真を投稿するなど、一部の若者のモラルの低下は止まるところを知らない勢いである。
お盆前後に実家に帰省した際に、以前から贔屓にしている寿司屋に行った時、寿司屋の店主から閉店後に相談があると言われた。
寿司屋を出て指定された馴染のバーで店主を待っていると、深刻そうな様相で店主が現れ、相談したいことを話し始めた。
店主には一男一女がおり、大学生の息子が大手の飲食店(チェーン店)でアルバイトをしているらしく、息子は付和雷同的な性格なので、もし、アルバイト先で仲間にけしかけられて悪ふざけ写真をツイッターに投稿し、それが勤め先に発覚して損害賠償請求をされると一体どのくらいの損害賠償を支払わなければならないのかとの質問だった。
店主は、昨年借金して店を改装したため1000万円近い借金を負っており、さらに親戚に保証人になってもらっているので、もし息子がそのような不祥事を起こして巨額の損害賠償を請求された場合、店を閉じるだけでは止まらず、親戚にも大迷惑をかけることになるので、その場合は死んでお詫びをするつもりであると、恰も息子がそのようなことをしでかしたような口ぶりであった。
ステーキチェーン店のある店舗で、店員が悪ふざけ写真を投稿し、その店が閉鎖になったニュースを見て、もし息子がアルバイトをしている店舗でそのようなことが起きて店舗が閉鎖になった場合、少なくとも数千万円の損害賠償請求をされると思い込んだらしい。
仮に飲食店のチェーン店でそのような事態になってチェーン店の本部が店を閉鎖した場合、賠償額はそのような巨額になることはない。
なぜなら、そのような不祥事が起きたとしても店を閉鎖する必要性は一般的に感じられず、閉鎖する必要のない店舗を閉鎖することで、
本部が閉鎖しなかったなら得られたであろう利益を賠償請求することは民法の大原則(損害賠償は相当の範囲-これを因果関係と言うーで行うべき)に抵触するからである。
おそらく損害額としては、食材を廃棄した食材の価額、一定期間店舗を閉鎖したことによるその期間の営業利益、風評被害に伴う損害額などで、
高くても300万円近い金額ではないかと推定される。
それを聞いて店主はホッとした顔になったが、当方は仮に息子がそのような不祥事に手を染めたなら、その責任は息子に負わせるべきである旨を指摘した。
200万円、300万円くらいの金は息子が長い期間かかっても被害者に支払わせるべきで、それはまさに社会のルール(自己責任原則)であると当方は言ったが、店主は、当方の言うことは判るものの、おそらくそのうちの何割かは自分と妻が出すことになるのではと言っていた(親バカであると自嘲的にではあるが・・・)。
当方も学生時代には飲食店などでアルバイトをした経験があるが、そのころツイッターや携帯電話などが全く存在しない時代であったこともあるが、仮にあったとしても、そのような悪ふざけ写真などを投稿することは考えもしなかったと思う。
これも新聞記事に掲載されていた記事であるが、振込め詐欺で被害者から金を受け取る役割の者の7から8割が10代後半から20代前半の若者とのことである。
おそらく高額のアルバイト代に魅せられて悪事に手を染めているものと予想されるが、その中には中学生も時々いるという。
犯行グループからすると、末端にそのような者を置いておくと追跡されにくくなるので、まさに犯行グループと若者の利害が一致したわけである。
悪ふざけ投稿写真や振込め詐欺に加担する若者の増加は、おそらくこの閉塞された社会と無関係ではないと思われる。
そもそも、非正規雇用者が3割近いという社会は、当方から言わせると異常そのものである。
おそらく我が国は、この後余程しっかりしたリーダーが出て社会全体を引っ張っていかないと、どんどん駄目な国になりそうな気がする。
当方は宗教にそれほと興味がないが、まさに「救世主」的なリーダーの出現が望まれる。

投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士) | 記事URL

営業時間
月~金 10時~17時
※時間外で対応できる場合もあります。お問い合わせください。
定休日
土日、祝日

住所
〒150-0011
東京都渋谷区東3丁目15番7号
鶴間ビル3階
最寄駅
JR・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩7分
          渋谷駅   徒歩15分

お問い合わせ