田瀬法律事務所の日記

2013年3月12日 火曜日

ナショナリズム

今スポーツの話題の中心は、何と言ってもWBC(ワールドベースボールクラシック)である。
日本は過去2回の大会を全て優勝で飾っており、今回は3連覇が期待されている。
当方は、さすがに今回は難しいだろうとやや斜に構えて見ていた。
1次リーグのブラジル戦は、おそらくコールド勝ちだろうと思っていたが、帰宅しテレビをつけてみると、試合は終盤に差掛かっており2点ビハインドの状況で本当に驚いた。
幸い、逆転劇を観ることができてホッとしたが、日本とブラジルは野球とサッカーが逆の関係と言ってよく、サッカーに例えるなら、ブラジル人の多くは日本がサッカーでブラジルに勝つとは思っていないはずで、もし日本とブラジルのサッカーで試合時間が残り10分の状況で日本が1点勝っていたならブラジル人は相当焦るであろうことは想像に難くない。
日本対ブラジルのWBC初戦はまさにそのような感じの試合だったと言ってよいと思う。
幸い終盤の逆転劇で勝つには勝ったものの、格下相手の試合を、まさに薄氷の勝利で、これは真面目に観なくてはならないと思い、それからは全試合最初から気合いを入れて観るようになった。
ブラジル戦の後の経過はご存じのように、中国戦は途中までは若干攻めあぐんだものの力通りの結果で勝利をもぎ取って快勝し、第2次リーグへ駒を進めたが、第1次リーグの順位決定戦はかつての王者キューバに完全な力負けを喫し、2次リーグ初戦の台湾戦はそれこそブラジル戦以上の薄氷の勝利で、仮にアメリカで行われる準決勝戦、決勝戦を勝ち進んでのWBC3連覇は非常に難しいと思われた。
しかし勝負は水物で、第1次リーグで日本と同じく優勝候補と目されていた韓国を破って第2次リーグに進出し、試合前に相当の苦戦が伝えられていたオランダ戦は、まさにこれまでの胃に悪いストレスが溜まりまくる試合の鬱憤を晴らすかのように、ホームランの乱れ打ちでオランダを木っ端微塵に粉砕して準決勝に駒を進め、第1回、第2回同様に苦戦しながら準決勝まで駒を進めているのは、やはり日本チームに実力があるからだと言ってよいだろう。
オリンピック、サッカーワールドカップなどの国同士のスポーツの争いは野球やサッカーの通常のリーグ戦などとは違って国民を熱狂させる(事実、日曜日(10日)のオランダ戦の視聴率も40%を超えていた)。
それは、根底にはナショナリズムがあることは言うまでもない。
しかし、当方は、それ以外に国民を熱狂させる原因があると思う。
野球やサッカーのリーグ戦は1年単位で争われ、総合成績で優勝が決まるのに、オリンピックやWBCは試合に負ければそこで敗退という、非常に厳しい状況でプロが真剣勝負をしており、その気迫、勝ちに徹底的にこだわる姿勢に熱い何かを感じるのではないだろうか。
そんな気がしてならない。
今回のWBCは、ここまで駒を進めるのに過去2回よりさらに苦労した大会である以上、これまで優勝したことがないのが不思議なくらい本番に弱い、この大会の言い出しっぺのアメリカと決勝戦を行って勝ち、まさに真の意味での王者になってほしいとつくづく思う。

投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士)

営業時間
月~土(土曜日は第1、第3のみ)
10時~17時
定休日
日、祝日

住所
〒150-0011
東京都渋谷区東3丁目15番7号
鶴間ビル3階
最寄駅
JR・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩7分
          渋谷駅   徒歩15分

お問い合わせ