田瀬法律事務所の日記

2014年6月26日 木曜日

出る杭??

「出る杭は打たれる」という諺があります。
この意味は、目立ち過ぎると(反感を買って)攻撃されることがあるので、目立つ行動はなるべく控えなさいという教訓です。
ここ1週間くらいスポーツではワールドカップブラジル大会の話題でもちきりでしたが、政治、社会面は東京都議会における女性都議に対する女性蔑視、セクハラ発言が大きな話題となっていました。
当初は女性蔑視、セクハラ発言をした都議は誰一人名乗りようとせず、このままうやむやの状態で幕引きとなるかと思われましたが、自民党の男性都議が自ら不穏当な発言をしたことを名乗り出て、女性都議に謝罪をして、女性都議はその謝罪を一応は受け容れましたが、自ら名乗り出た都議以外にも不穏当発言をした都議がいるとされ、それは誰なのか野党議員が中心となって突き止めようとしたものの、都議会は終了し、結局名乗り出た都議以外の誰がどのような不穏当発言をしたのかどうかは、うやむやのまま幕引きとなってしまいました。
当方は、被害者である女性都議はビジュアル的に大変きれいな女性なので、どのような女性なのかに関心が行き、木曜日に発売される保守系で硬派の週刊誌(週間新潮、週間文春)が女性都議の素顔に迫る特集を載せるのではないかと思っていました。
はたして、両週刊誌は女性都議が元々グラビアアイドル出身で、写真集を出したことがあり、人気バラエティー番組(恋のから騒ぎ)にも複数出演した経験があることなどを報じ、そのような経験を活かして(?)テレビ業界人として虎視眈々とさらに陽の当たるポジションを狙っていたところ、維新の会、みんなの党を経て都議会議員に当選したことを報じています。
さらに奔放な男性関係や訴訟トラブルが過去にあったことなど報じており、総じて女性都議のイメージを大きくダウンさせようという意図が見え隠れします。
両週刊誌は『「議会の場で女性蔑視、セクハラ発言に晒され、心が傷ついたうら若き女性」のような仮面をかぶっているけど、貴方(女性都議)はこれまで「女」を武器にここまでのし上がってきたのだから、セクハラ発言に涙するような痛々しい顔をしないで欲しい』ということが言いたいのだと思います。
これら週刊誌2誌の記事を読む限り、一般人の女性都議に対する同情、憐憫は大きく後退し、相対的に男性都議も誤っているのだからもういいのではないかという感情が生まれます。
両週刊誌ともに、不穏当発言をした男性都議を庇うつもりで、女性都議の過去の暴露記事を載せたのではありません。
おそらく、集団的自衛権の閣議による憲法解釈の変更が大詰めにきている安倍政権に対する援護のためのこのような記事が書かれたものだと思います。
結果的に女性都議は「出る杭は打たれる」よろしく、過去の暴露記事を載せられることで、結果的に「打たれてしまったわけです。
確かに今回不穏当発言をした男性議員の責任は重く、議員辞職に値するものだと思います(欧米ならほぼ間違いなく議員辞職に追い込まれたはずです)。
しかし、女性都議の過去を暴いて、安倍政権のアシストを目論むこれら保守系週刊誌にも、当方は大いに怒りを感じます。

投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士)

営業時間
月~土(土曜日は第1、第3のみ)
10時~17時
定休日
日、祝日

住所
〒150-0011
東京都渋谷区東3丁目15番7号
鶴間ビル3階
最寄駅
JR・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩7分
          渋谷駅   徒歩15分

お問い合わせ