田瀬法律事務所の日記

2014年4月24日 木曜日

安倍総理とオバマ大統領とのすし外交の舞台

昨日(4月23日)夕刻来日したアメリカのオバマ大統領が、羽田空港から銀座の高級寿司店に直行し、そこで安倍総理と夕食を一緒に食べるというニュースを聞きました。
警備の関係から、事前にどの寿司店に行くかは報道されませんでしたが、国賓クラスのVIPと我が国の総理が食事をする銀座の高級寿司店と言えば2店しかありません。
それは、すきやばし次郎と銀座久兵衛です。
ともに、飲食代が最低でも3万円近くする店で、そうそう一般人が行ける店ではありません。
夜のニュースを観たら、すきやばし次郎で両首脳が食事をされたことが分かりました。
ニュースではオバマ大統領の意向かどうかはともかく、アメリカ側の意向ですきやばし次郎になったと報じておりましたが、おそらく警備の都合でそうなったのだと思います。
すきやばし次郎は銀座の大通りが交差する数寄屋橋交差点から少し離れたビルの地下にある店であるのに対し、久兵衛は銀座の高級クラブが立ち並ぶ細い道沿いにあり、警備しづらい場所と言ってよいと思います。
我が国の警備当局はVIPが街中に出る場合、万が一の場合を常に想定しますので、そうなるとすきやばし次郎が選ばれることはある意味で当然だったと思います。
すきやばし次郎は、ミシュランで連続3つ星を取ったことで一躍全国的に有名になった店ですが、その遙か以前から知る人ぞ知るという、食通の間では非常に有名な店だったようです。
そして、今から20年近く前、当方の実家(札幌)に住んでいた父が東京に用事で来た際、知人と行ったことがあり、当方は父からその当時の感想を聞いたことがあります。
普通、寿司店のカウンターに座ると、好きなネタを注文しますが、この店では約20個のおまかせコースのみで、全員それを頼まなくてはいけません。
そのコースが終了したら、追加で好みのネタを注文したり、酒を飲みたい人は刺身ネタを注文することができますが、まずはおまかせコースの握りが次から次に出されます。
父はあまりの早さに違和感を感じたと言いました。
その日は平日で、客は少なかったそうですが、父も一緒に行った知人も酒を飲まないこともあり、また追加注文もしなかったため、食事は30分くらいで終了したそうです。
今はそのおまかせコースは3万円ですが、20年前は2万数千円だったそうで、父はかなり不満だったようです。
当方は数年前、この店がミシュランで3つ星を取って話題になった頃、A級グルメを自称する先輩弁護士とすきやばし次郎に行ったことがあります。
値段は父が行った当時から少し上がって3万円で、少しお酒を頼んで、追加で2,3切れ刺身を切ってもらって7万円ちょっとでした(当然グルメを自称する先輩弁護士のオゴリでしたが)。
2人で3合くらいの酒を飲んでも、時間は1時間かかりませんでした。
確かに美味しいとは思いますが、いかんせん目の前に出されたネタを次から次と口に放り込まないと、目の前がネタで一杯になってしまいます。
もちろん、店主(あの有名な小野次郎さん)は何も言いませんが、早く口に入れろという空気をやんわりと出しており、父が言っていたとおり違和感を感じました。
銀座のすきやばし次郎に行ったことは、話のネタとしては使えますが、今でも自腹では行こうとは思えません。
寿司店は、酒を飲みつつ、好みの刺身を食べ、最後に締めで好みの握りを数個口にいれるという形でずっと使っている当方にとって、日米両首脳の外交の舞台となった超高級寿司店は、いささか使い勝手が悪い店だったようです。

投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士)

営業時間
月~土(土曜日は第1、第3のみ)
10時~17時
定休日
日、祝日

住所
〒150-0011
東京都渋谷区東3丁目15番7号
鶴間ビル3階
最寄駅
JR・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩7分
          渋谷駅   徒歩15分

お問い合わせ