田瀬法律事務所の日記

2014年2月27日 木曜日

幼児虐待防止の劇薬

今朝の情報番組で、父親が3歳児の首に犬の首輪をつけて自宅に監禁したとして逮捕された事件の解説をしていました。
数日前は同じく父親が生後数ヶ月の女児の顔に熱湯をかけて逮捕されたニュースが報じられました。
児童虐待は、今では日常茶飯事で、虐待によって児童、幼児が死亡する事例も珍しくありません。
暴力で児童・幼児を虐待する事例は父親ないし内縁の夫によって引き起こされるケースが圧倒的に多いのですが、いわゆる育児ネグレクトは母親によって引き起こされるケースが多いのが実情です。
数年前、関西地方で飲食店に勤務する若い女性が我が子である2人の幼児をマンションの室内に置き去りにしたまま、長期間帰宅しないでホストクラブなどで遊び続け、幼児は猛暑の中で餓死(ないし熱中症死)した事件をご記憶の方のおられると思います。
その母親は殺人罪に問われ20年近い懲役刑を受けました。
止みそうもない児童・幼児虐待を防止するため、民法、児童福祉法も改正され、これまで殆ど運用されてこなかった親権喪失という制度も運用されやすい形になりました。
我が子をペットのように扱ったり、生後間もない幼児(しかも女児)の顔に熱湯をかける行為は、それ1発でレッドカード(親権喪失)ものだと思います。
今後、改正された民法、児童福祉法がどう運用されるか注目して行きたいと思いますが、当方は悲惨な児童・幼児虐待から子供を守る劇薬があると思います。
弁護士が言うにはあまりに乱暴な議論で、エリート主義的思考とのお叱りを受けるかもしれませんが、敢えて述べようと思います。
マスコミ報道で児童・幼児虐待をする親(それも父親)はステレオタイプに言うなら、「無職」か良くて「フリーター、派遣社員」です。
そして身なり、顔付きもいわゆる「そこら辺のあんちゃん」タイプで、彼らは当然生活するのに手一杯だと思います。
勿論、経済的にゆとりのない家庭でも、親がきちんとまともな考えをもっていたなら、多くの子はまともに育ちます。
しかし、経済的にゆとりがない家庭で、親自身が未成熟な場合は子供は悲惨としか言いようがありません。
よくて、一生貧困な生活を送るか、悪い場合は親に虐待され、命を落とすか、落とさないまでも非常に捻くれた子になり、それはその子が親になった場合、自分の子にも連鎖し、最悪な連鎖が世代を通して続きます。
そのような最悪の世代的連鎖を断ち切るためには、特別養子制度を手直しして、親権を喪失されるような親を持つ子は、生活にゆとりがあってそれなりの社会的地位にある養親のもとで生育できるようにすることです。
現在は結婚する年齢(初婚年齢)も上がり、男性、女性ともに(特に女性は)それなりに社会的地位がある場合は晩婚化することから、結婚後、子供を持てないケースが多いと思います。
高校時代の同級生の産婦人科医によると、不妊治療をする夫婦が年々増加の傾向にあるそうです。
貧困下で親に虐待されて育つより、経済的にゆとりのある養親のもとで、愛情に育まれながら育つことの方が子供にとって遙かに有益だと思います。
当方は、幸いにして、両親から溢れんばかりの愛情を注がれて育つことができました。
そのような自分の幼き頃の境遇を思うと、日本中の多くの幼い子供達に幸多かれと祈らずにはいられません。


投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士)

営業時間
月~土(土曜日は第1、第3のみ)
10時~17時
定休日
日、祝日

住所
〒150-0011
東京都渋谷区東3丁目15番7号
鶴間ビル3階
最寄駅
JR・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩7分
          渋谷駅   徒歩15分

お問い合わせ