田瀬法律事務所の日記

2014年2月25日 火曜日

昭和のラーメン

先日、中性脂肪の数値がなかなか下がらないので、主治医から歩く距離を多めに取るよう指示されました。
当方は自宅と事務所が徒歩15分程度の距離なので、毎朝15分早く家を出て30分歩くよう主治医から指示を受けました。
雨の日、裁判所に自宅から直行する日で資料をカバンに多く詰めている日を除き、なるべくそのことを実践しています。
少しずつ事務所に向かうルートを変えるなどしていますが、食いしん坊の当方は、飲食店がいつも気になっており、興味を引く飲食店の前を通る際は、いつかこの店に行こうという気を起こしてしまいます。
そんな中で、駅から徒歩10数分という場所にあるラーメン店が気になっておりました。
それほど仰々しい看板を掲げているわけでなく、看板には「開業昭和35年」という書き込みがあり、看板に書かれているメニューもいわゆる昭和のラーメン店(中華料理店)ぽいものでした。
当方の事務所がある恵比寿はラーメン激戦区の一つですが、メインは豚骨系のラーメンです。
つい最近も駅のすぐ近くに二朗系の背脂ラーメンの店がオープンしたばかりです。
当方は30代まではそれこそこってり系が超大好きで、毎日食べても飽きないほどでした。
しかし40代になってからは、時々こってりしたラーメンを食べたくなることはありますが、連日は通うのは無理になりました。
今当方が好きなラーメンはあっさり系の醤油味のいわゆる昭和のラーメンです。
そうなったのには伏線があります。
当方の母は高齢になってからラーメンに目覚めるという不思議な体験をしています。
母はそれまではラーメンはどちらかと言うと嫌いな食べ物でした。
ところが、ここ数年2ヶ月に一度通っている病院の食堂で食べたラーメンにすっかり魅了されてしまい、2ヶ月に一度の病院行きが今では母の大きな楽しみの一つになっているのです。
母があまりにも勧めるので、当方もその病院の食堂のラーメンを食べてみました。
入っている具材といい、スープの味といい、確かに昭和の味がしました。
その病院の入院患者、通院患者は高齢者が多いため、そのような高齢者にとっては、青春時代の味がするラーメンで、そこが受け容れられた原因ではないかと思いました。
ただ、当方にはややパンチが足りなく感じました。
そんな思いをしている中で、今日そのラーメン店に行ってきました。
まさに昭和の味そのもの、当方が今追い求めているラーメンでまさしくど真ん中のストライクでした。
半分くらい食べ終えた時、テレビで見慣れた顔の男性が入ってきました。
お笑い芸人Tでした。
お店の人と親しげに話していたので、おそらく常連なのでしょう。
事務所に帰ってインターネットでその店を検索したところ、以前は原宿にあった老舗店で有名店であることがわかりました。
駅から遠いのが難点ですが、これからも時々行ってみようと思います。

投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士)

営業時間
月~土(土曜日は第1、第3のみ)
10時~17時
定休日
日、祝日

住所
〒150-0011
東京都渋谷区東3丁目15番7号
鶴間ビル3階
最寄駅
JR・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩7分
          渋谷駅   徒歩15分

お問い合わせ