田瀬法律事務所の日記

2014年2月10日 月曜日

真冬の台風

全国的に大雪が降った2月8日(土)は首都圏でも大雪が降り、東京では45年振りに27センチの積雪を記録するなど、想定外の大雪に大きな被害が出ました。
新聞などによると、東京を中心とする首都圏では雪かき中の事故などで2人が亡くなり、転倒などで700人近い方がケガをして病院に搬送されたとのことです。
けが人の数は救急車で病院搬送された方で、自分で病院に行くなど、記録に表れないケガをした方も含めると軽く2000人を超えているとの指摘もあります。
また雪による道路の凍結などで発生した交通事故などでの死者を含めると全国で亡くなった方は11名、ケガをして救急搬送された方は約1500人とのことです。
首都圏を中心にここまでの人的被害が発生したことから、これは雪による被害というものではなく、真冬の台風被害と呼んでもよいと思います。
当方もこの雪での影響をまともに受けた一人で、幸い転倒してケガをするようなことはありませんでしたが、8日に予定していた弁護士仲間とのゴルフは中止となり、9日から予定していた実家の札幌への一時帰省が飛行機の欠航で中止となってしまいました。
当方は雪国の札幌の出身なので、多少の雪には慣れており、今回首都圏を襲った大雪は、札幌では日常茶飯事のことです。
それゆえ、交通機関も大雪に対処できるような仕組みとなっており、自動車も雪が降り始める11月中から下旬にかけてスノータイヤ(スタッドレスタイヤ)に替えます。
しかし、首都圏の交通機関は雪に対し非常に脆弱で、ちょっとした雪でも電車は止り、飛行機は欠航することになります。
今回の大雪では、羽田空港と並んで最近LCCの発着空港となっている成田空港へのアクセスが完全に遮断され、一時は数千人の方が成田空港で泊まらざるを得ない状況に追い込まれました。
今回のような大雪が再び降るとは思えませんが、近時の異常気象を考えると、次の襲来が数十年後ということは考えらず、数年後に又来ないとも限りません。
また今回ほどの大雪ではないにしろ、その何割程度の大雪でも、首都圏の交通機能は相当影響を受けますので、その対策を考えるべきでしょう。
特に今回の大雪は週末の土曜日でしたが、これが平日であったなら数多くの帰宅困難者が発生し、しかも極寒の中で帰宅できない状況になるわけですから、極端な話、命の危険もあり得ます。
今回は前日の金曜日に気象庁が異例の会見をして、翌日は不要不急以外の外出を避けるよう呼びかけたことで、混乱は最小限に止まりましたが、それでもある程度の帰宅困難者が生まれたことは間違いなく、今後、行政がどう取り組むのか注目したいと思います。
大雪の翌日に東京都知事選挙があり、大方の予想どおり桝添要一氏が新しい知事に就くことになりました。
桝添新知事には、そのあたりの防災対策についてよく検討してほしいと思います。

投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士)

営業時間
月~土(土曜日は第1、第3のみ)
10時~17時
定休日
日、祝日

住所
〒150-0011
東京都渋谷区東3丁目15番7号
鶴間ビル3階
最寄駅
JR・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩7分
          渋谷駅   徒歩15分

お問い合わせ