田瀬法律事務所の日記

2013年4月 5日 金曜日

恥さらし

今日の朝の情報番組で、後見人として管理している他人(被後見人)の財産約4000万円を横領したとして告発されている弁護士の独占インタビューを観ました。
その弁護士は東京弁護士会という日本最大の弁護士会の副会長を歴任したことのある70歳代後半のベテラン弁護士で、顔を出し、さらには実名を出してインタビューに答えていました。
そのことだけでも驚きですが、さらに驚いたのが横領の言い訳でした。
横領したとされる4000万円のうち明確に横領したと言えるのは約半分くらいで、それは自宅のリフォームの費用に充てたと弁明する一方で、残りは被害者のために使ったと弁明しましたが、その具体的な弁明は、小学生が聞いても呆れるくらい稚拙な弁明で、戯言にしか聞こえませんでした。
その戯言を聞いた情報番組の司会者は「この弁護士に後見人が必要なんじゃないかね」と言っておりましたが、まさにそのとおりだと思います。
インタビューは弁護士の自宅で行われていましたが、電気やガスなども料金未払いで止められているようで、室内は散らかり放題で部屋のあちこちに酒の缶やビン、コンビニの袋等が散乱しており、どう見ても侘びしい独居老人の住まいであるとの印象でした。
自宅の公共料金すら払えない状態からすると、事務所も閉鎖しているに違いなく、また家族にも見放されている様子です。
インタビューで自宅を売って被害者に返済をしたいようなことを言っておりましたが、自宅に抵当権などの担保が設定されていれば、被害者への返済はできなくなってしまいます。
当方はその弁護士が顔と実名をさらしてインタビューを受けたのは、おそらく僅かなインタビューの謝礼を期待してのことではなかったのかとも勘ぐってしまいます。
そうでなければ、いやしくも日本最大の弁護士会の副会長までも務めたた弁護士が、考えられないような恥さらしをしないと思います。
その弁護士が所属する東京弁護士会は刑事告訴の準備にも入っているようで、おそらく近いうちに警察に逮捕される事態になりそうです(弁護士資格もおそらく剥奪となるでしょう)。
同じ職業人として、非常に恥ずかしく思います。

投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士)

営業時間
月~土(土曜日は第1、第3のみ)
10時~17時
定休日
日、祝日

住所
〒150-0011
東京都渋谷区東3丁目15番7号
鶴間ビル3階
最寄駅
JR・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩7分
          渋谷駅   徒歩15分

お問い合わせ