田瀬法律事務所の日記

2013年1月 8日 火曜日

正月はDVD三昧

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
当事務所は昨日の1月7日から新年の仕事始めでした。
正月気分は抜けたつもりですが、まだ完全に抜けきっていないようで、時々睡魔に襲われ、一瞬居眠りをしそうになります。
例年、正月は家でダラダラと朝から酒を飲みつつ、意味もなくテレビを観て過ごすという日本人の典型的な正月の過ごし方をしていたのですが、今年は新しい過ごし方にチャレンジしてみました。
それは、当方なりに考えたDVD三昧の過ごし方です。
年末年始、正月と、ある程度の日数の休みが取れる際は、撮り溜めをしたDVDを観たり、レンタルショップでDVDを借りて観たり、CDを借りて聞いたりして過ごすということは以前からありました。
今年のお正月は、有料放送のWOWWOWで放映されたドラマのDVDを借りて観て過ごしました。
以前、ある雑誌でWOWWOWが制作したドラマは非常に質の良い作品が多く、その理由は、WOWWOWでは絶対に旬のアイドルなどは使わないことに徹しているからだという記事を目にした記憶があり、時々WOWWOWのDVDを借りていたので、その記事が指摘したことはズバリ当てはまると思いました。
民放のドラマは、スポンサーサイド意向を無視できないため、たとえ旬のアイドルであっても、演技は中学生の学芸会レベルとしか言いようのない、言わば、大人の鑑賞に堪えられない非常にお粗末な作品が日々作られているのが現状です。
それに対してWOWOWの制作するドラマの多くは、ベストセラーの小説のドラマ化である場合が多く、制作サイドも大人の鑑賞に堪えられるのかという観点からドラマを作るため、脚本が非常に練られており、さらに芸達者な役者達を上手く配役するため、見事な演技力を堪能することができるのです。
但し、徹底したアイドル排除路線で行っているため、役者は民放で主役を常時張る役者から見ると、やや地味めかもしれません。
でも、全く無名の役者を主役に使うケースは殆どなく、民放のドラマに良く出ている役者が普通に出ております。
WOWWOW制作のドラマは恋愛一辺倒の作品は少なく、推理小説が原作である作品が多いのが特長です。
一見、恋愛映画に見えるものであっても、根底は推理小説である場合が多いと思います。
このように、今年の正月はWOWOWのDVDを年末年始に10数本観ました。
複雑な推理小説をDVD化した作品は、ストーリー展開が難解で読めないため、何回も巻き戻しをして再生することになるのですが、WOWWOWの作品は、何だかんだ言ってもドラマは娯楽作品ということに徹しているため、そのようなことすることなく楽しめます。
年末年始に観たWOWWOWのDVDは皆面白い作品ばかりだったのですが、その中でも「これだ」と思う作品もいくつかありました。
それは稿を改めてまた紹介したいと思います。

投稿者 田瀬英敏法律事務所(恵比寿の弁護士)

営業時間
月~土(土曜日は第1、第3のみ)
10時~17時
定休日
日、祝日

住所
〒150-0011
東京都渋谷区東3丁目15番7号
鶴間ビル3階
最寄駅
JR・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩7分
          渋谷駅   徒歩15分

お問い合わせ