いじめ・体罰問題について

2014年7月28日 月曜日

44年前の悪夢の再現か??

週末、猛暑とゲリラ豪雨の日本列島を震撼させる事件のニュースが報じられました。
長崎県で高校1年生の女子生徒が自室で同級生の女子生徒を殺害して、遺体の首を切断したという猟奇事件です。
当方は、その事件のニュースに接して直ぐに44年前に起きた同じような事件が頭に浮かびました。
昭和44年、川崎市内にあるミッション系の私立S高校の1年生男子生徒が、同級生でもあり同じ寮で生活をしていた男子生徒を殺害し、その遺体の首を切断したという猟奇的事件でした。
事件が発覚のした後の加害生徒の取調べで、加害生徒は日常的に被害生徒からいじめを受けており、学校もそのいじめについて全く把握していなかったことがわかり、学校も批判の矢面に立ちました。
今回、被害生徒が加害生徒をいじめていたのかについては、まだ報道がありませんが、15歳の女子生徒が同級生を殺害しただけでも十分に衝撃的なことですが、遺体の首を切断したことは、おそらく過去に前例がなかったことだと思います。
それゆえ、被害者と加害者との間には言葉では言い表せない確執があったことだけは間違いないと思います。
それがいじめによるものなのか、それ以外のものによるものなのかは、今後、被害者、加害者のプライバシーを尊重しつつ慎重に警察が調べることになると思いますが、いじめが両者の確執の原因では無かった場合は、学校は生徒のプライバシーの領域にどう踏み込むことができるのかという非常に難しい問題を提起することになります。
いじめが原因の場合は、なぜ学校はこのようなおぞましい結果となるまで手を拱いていたのかという批判に晒されることは、過去の事例からも明らかです。
その意味で、いじめが確執の原因の場合であっても、そうでない場合であっても、学校の負担は今後より増えることは間違いないと思います。
そうすると、増えつつある学校の負担をどのような形で軽減するかということが今後の大きな問題になってくると思います。

投稿者 いじめ・体罰についてのブログ(田瀬英敏法律事務所)

営業時間
月~土(土曜日は第1、第3のみ)
10時~17時
定休日
日、祝日

住所
〒150-0011
東京都渋谷区東3丁目15番7号
鶴間ビル3階
最寄駅
JR・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩7分
          渋谷駅   徒歩15分

お問い合わせ