いじめ・体罰問題について

2013年11月20日 水曜日

学校事件・事故被害者全国弁護団(続)

前回、本年11月17日(日)に行われた学校事件・事故被害者全国弁護団の創立総会の話をしましたが、創立総会終了後に引き続いて開催された懇親会の話をしたいと思います。
懇親会は参加希望者が事務局の当初の予想を大幅に上回ったため、明治大学の裏手にある山の上ホテルの中華料理店の他に、近いエスニック料理の店も追加で会場に加えるなど、2つの会場で行われました。
私は、山の上ホテルの中華料理店で開催された懇親会に出席したのですが、そこでも衝撃を受ける出来事に遭遇しました。
中華料理店での懇親会で私が座ったテーブルには、私をこの弁護団に誘って下さった知り合いの女性弁護士の他に数名の40歳代から50歳代くらいの女性がおりました。
懇親会の宴もたけなわになった頃、幹事の提案で参加者一人一人が短いスピーチをすることになりました。
私の知り合いの女性弁護士を除くと、同席した女性は全員いじめ・体罰によってお子さんを自殺で亡くされたお母様方でした。
その後もそのようなご遺族の方の短い挨拶が続き、正確には数えていないものの、懇親会に出席された弁護士以外の一般参加者の8割近くがご遺族の方でした。
創立総会、懇親会に出席されたご遺族の多くは、子供をいじめ・体罰で亡くされた同じ思いの遺族の精神的な力になるべく活動を続けており、その中にはNPOを組織して全国的な活動をされている方もおりました。
このような活動ができるまで、いったいどれだけの涙を流したのかと考えると、自分が同じ境遇になった場合、到底そのようなことはできないと思いました。
本当に頭が下がる思いです。
我々弁護士は主として法廷闘争という形でご遺族の方の力にはなれますが、心のケアまでは十分にしてあげることはできないでしょう。
それゆえ、このような方々と弁護団がコラボすることによって、学校事件、事故で我が子を亡くされたご遺族の支えになってあげられるのではないかと思います。
また、懇親会では現在法科大学院で弁護士を目指して勉強中の法科大学院生もおり、彼もご遺族の一人です。
司法試験に合格して弁護士になった場合は是非我々弁護団に入りたいと言っておりましたが、もし、弁護団に入ってくれるとしたら、それこそ、今年ペナントレース、日本シリーズを通して大活躍をした楽天のマー君なみの超強力新人になるでしょう。
彼が弁護団のマー君となる日を祈らずにはいられません。

投稿者 いじめ・体罰についてのブログ(田瀬英敏法律事務所) | 記事URL

2013年11月19日 火曜日

学校事件・事故被害者全国弁護団

学校でのいじめ、体罰などで生徒、児童が被害を受けた場合、その被害を速やかに回復するため、迅速に訴訟などの法的対応をメインに行うことを目的とする弁護士の全国横断的な組織ができました。
この組織は、以前から学校でのいじめ等による被害者の被害回復に取り組んでいたベテランの弁護士が発起人の中心となって結成されたもので、現在、その目的に共鳴する弁護士が、北は北海道から南は鹿児島まで、約60人近くが参加を表明しており、もちろん私もその弁護団の一員になっていることは言うまでもありません。
会の理想は日本全国全ての都道府県に最低1名のいじめ問題対応弁護士を配置し、日本全国どの地域からの相談に対しても対応ができることですが、現時点ではまだそのような弁護士がいない地域もあり、弁護団の事務局はそのような地域の弁護士会に強く働きかけを行って、弁護士を推薦してもらい、できるだけ早く全ての都道府県に弁護士を配置するようにしたいとのことです。
その組織の創立総会、引き続いての懇親会が11月17日(日)の午後から東京・お茶の水にある中央大学駿河台記念館(創立総会)、近くのホテル(懇親会)で開催されました。
当方は、創立総会、懇親会の両方に出させて頂きました。
創立総会は弁護士約30名、一般参加者56名の合計86名が参加し、会の規約、活動方針を確認し、役員を選任したあとで、全国学校事故・事件を語る会の代表である内海氏の講演がありました。
平成6年、当時小学校6年生だった内海氏の息子さんは、担任教師の行き過ぎた体罰で自殺しました。
講演では息子さんが自殺してから学校、教育委員会はどう対応し、その対応で内海氏がどのような思いを抱いたかということから始まり、最終的には弁護士に依頼して全面勝訴判決を勝ち取るまでの経緯が淡々と語られました。
内海氏自身も学校で教職にあり、学校と教育委員会が、事実の隠蔽と訴訟を起こされた場合の対策を極めて早い時点から行うことを知り、大きな衝撃を受けたとのことでした。
子供が自殺した場合、遺族はまず大変なショックを受け、少し時間が経つと、なぜ我が子が自殺に追い込まれなければならなかったのか、そのことで自分を責め続け、精神的なパニック状態が長期間続きます。
そのような遺族に対し、学校、教育委員会による事実の隠蔽、早期の訴訟対策的対応が、遺族に対する二次被害となって襲いかかり、そのことが遺族をさらに精神的に追い込むのです。
さらに、地域の有力者、地元の政治家、PTAの有力者などを囲い込むことによって、被害者遺族を孤立させ、極端な話、弁護士に相談することがまるで悪いことであるかのような錯覚を起こさせます。
そして、学校、教育委員会の最終目標は、極論すると遺族に「あなたのお子さんは自殺するような精神的に弱い子なので、いずれ社会に出ても自殺していた」と思い込ませることだと言うのです。
内海氏によると、程度の差こそあれ、このような対応は子供がいじめや体罰で自殺した場合、殆どの学校で行われているとのことでした。
自殺した子供の親であり、また学校の教員であった内海氏ならではの発言に大変な驚きを覚えました。
これからは、このような腐りきった組織を相手に訴訟等を起こすことになるわけですから、身が引き締まる思いを感じました。
しかし、弁護団は情報を共有し、メーリングリスト等で情報交換、相談も自由に出来ます。
難解な案件はこのような訴訟に精通したベテラン弁護士から助言を仰ぐこともできますし、また訴訟に参加してもらうことも可能です。
それゆえ、この弁護団は、いじめ・体罰及び学校事故で被害を受けた生徒、児童にとっては被害回復のための大きな武器になることだと思います。

投稿者 いじめ・体罰についてのブログ(田瀬英敏法律事務所) | 記事URL

カレンダー

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

営業時間
月~金 10時~17時
※時間外で対応できる場合もあります。お問い合わせください。
定休日
土日、祝日

住所
〒150-0011
東京都渋谷区東3丁目15番7号
鶴間ビル3階
最寄駅
JR・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩7分
          渋谷駅   徒歩15分

お問い合わせ