HOME > よくあるご質問

Q&A

よくあるご質問について

Q&A

電話での法律相談はできますか。

法律相談は弁護士と相談者が顔を合わせて行うのが基本です。
電話での法律相談は、会話のみになるため、相談(回答)の内容が十分に伝わらないことが多く、弊事務所ではお受けしておりません。
但し、弊事務所へ相談にこられるかどうか、依頼をするかどうか等を検討する前提であれば、その範囲での相談は可能です。

夜間や休日・祝日の相談はできますか。

弊事務所の営業時間は月曜日から金曜日までの午前10時00分から午後5時00分です。
土日、祝祭日の営業時間は原則として相談を受け付けておりません。
どうしても営業時間内に来所できない場合はその旨お伝えくだされば対応させていただきます。
なお、メール、FAXは24時間受け付けておりますので、それをうまく利用していただくと、夜間、土日、祝日にお越しできない場合に便利ですので、メール、FAXをご利用下さい。

法律相談をするについて、誰かの紹介が必要ですか。

必要ありません。

着手金(または報酬金)の分割払は可能でしょうか。

一括払いが原則ですが、相談者の経済状況次第では分割払いも可能です(但し常識的な金額に設定させて頂きます)。

法律相談料はいくらかかりますか。

30分5,000円(税別)が基本料金ですが、1時間を超える場合は15分刻みで、2,500円(税別)ずつ加算されます。
なお、事件を弁護士に依頼した以降は、打ち合わせのためにご来所頂いても弁護士費用は一切かかりません。

但し、企業再生のご相談の場合は、専門家スタッフとともに帳簿類のチェック等相談対応にあたりますので、90分30,000円(税別)を基本とさせていただきます。

相談するとすぐに事件として依頼しなくてはなりませんか。

事件として依頼を受けると、着手金、裁判の場合は裁判費用(印紙、切手代など)がかかりますので、相談したから必ず依頼しなければならないということはありません。
一度お帰りになってゆっくり考えて(家族と相談するなどして)から結論を出すこともあると思います。

相談したことは秘密にしていただけますか。

弁護士及び事務所の事務スタッフは守秘義務を負っておりますので、秘密は厳守します。

相談料、依頼した場合の弁護士費用(着手金、報酬金)はクレジットカードでの支払いが可能ですか。

申し訳ありませんが、相談料及び弁護士費用(実費含む)のクレジットカードでのお支払いは受け付けておりません。

事件処理に当たって他の専門家(税理士、司法書士など)が必要になった場合は紹介してもらえますか。

弊事務所には、親しくしている非常に優秀な士業の専門家(税理士、司法書士)が多くおります。
そのような他業の専門家を依頼する場合、その料金も通常依頼する場合より低廉な価格でやっていただけます。

営業時間
月~金 10時~17時
※時間外で対応できる場合もあります。お問い合わせください。
定休日
土日、祝日

住所
〒150-0011
東京都渋谷区東3丁目15番7号
鶴間ビル3階
最寄駅
JR・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩7分
          渋谷駅   徒歩15分

お問い合わせ